おすすめの探偵事務所一覧

妻の裏切りが発覚…浮気を許すか離婚か迷ったらすべきこと5つ

計画

あなたは妻の裏切り行為を知ったときに、「許して結婚生活を続ける」か「許さず離婚をするか」を決めきることはできましたでしょうか?
多くの人はどちらを選択すればいいのか迷うと思います、かく言う管理人もそうでした。
そんな時、ある5つのことをやっておけば今後どちらを選択したとしても、あなたが有利に事を進めることができるようになります。
ですので、もしあなたがどうするのか迷っていましたら是非この記事を参考にしてください。

 

妻に浮気されたらとりあえずこの5つのことだけはやっておけ!

妻の裏切りを許すにしても許さないにしても、人生を左右するとても大事な事柄なのでどうしてもすぐに選ぶことができないという方はいると思います。
そんなときに、迷っているからと言って何もしないで過ごしていると、いざ離婚しようと決断したときに奥さんが既に有利な条件で離婚できるように対策を立てられてしまっているかもしれません。
そうならないために以下の5つのことをやって、対策を立てておきましょう。

 

冷静になって考える

考える男性

何事も頭に血が上った状態で物事を考えても良い方向には向かいません。
例えば、冷静さを失って暴力をふるってしまったり、恐喝まがいなことをしてしまえば、妻の裏切り行為よりもあなたの方が悪い立場になってしまいます。
立場が悪くなってしまうと、もちろん妻に対するあなたの要求はほとんど通らなくなってしまいます。
ですので、妻の浮気を知ってしまっても冷静にこれからどうすればよいのかをじっくりと考えるようにしてください。

 

信頼できる友人に相談する

相談

一人で悩み続けずに、あなたが信頼している友人に相談してみて見てください。
実際にこの友人に相談をしても、良いアドバイスや状況を良くする解決策は出てこないかもしれません。
しかし、悩みを誰かに打ち明けることでストレスを発散することができますし、気持ちの整理もすることができます。
ただし、夫婦共通の友人にはどんなに信頼をしていても相談はしないでください。
「元の二人に戻ってほしい」といったお節介な考えで、あなたに内緒で妻に浮気を咎める話をそれとなくするかもしれません。

 

浮気相手を把握する

メモとボールペン

浮気相手の情報をできるだけ多く把握しておいてください。
名前や住所、連絡先、勤務先などを知らないままでいると、浮気相手に対して慰謝料請求などの通告を出せなかったり、慰謝料が支払われなかった場合に給与などを差し押さえすることが出来ない可能性があります。
また、人物像を知るとあなたが何故浮気をされてしまったのがわかってきます。
浮気されてしまった原因を知ることができれば、今後再婚したときに気を付けることができますので知っておいて損はありません。

 

物的証拠を得る

カメラと写真

今後、妻と話し合いをするときに言い逃れをできないように裁判で有効になる物的証拠を得てください。
物的証拠とは裁判で有効になる証拠のことで、ホテルや自宅へ2人で出入りする写真などの不貞行為の現場を写したものがそれに当て嵌まります。
浮気の証拠がないと妻は嘘をついて話を誤魔化してくることがありますので、スムーズに話し合いを進めるために必要になるでしょう。
もし離婚する場合には子供や慰謝料などの話を有利に交渉することができる材料にもなります。

 

妻と話し合う

険悪な雰囲気

浮気の証拠を手にして妻と話し合いをしてください。
夫婦だけで話し合いでは、冷静な判断ができずに話が進まない場合がありますので、可能ならば信頼できる友人などの第三者に間に入っていましょう。
そこで、あなたの思いや妻のがどう思っているのか、子供のこと、浮気相手のことなどを本音で話してみてください。
妻と本音で話し合うことであなたが今後どうすればよいか見えてくると思います。

 

まとめ

妻の裏切りに対してどうするか迷ったときにした方がよい5つのことをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?
このことを実行しておけば、妻の裏切りを許して結婚生活を続けるにしても、許さず離婚するにしても、自分の有利な方に進めることができます。
どちらに進んでも人生の転換期になりえる事柄なので、冷静にじっくり考えて今後の方向性を定めていきましょう。

 

お恥ずかしい話、管理者は探偵事務所という第三者に相談することで、やっと冷静になって物事を考えることができるようになりました。
探偵事務所の中には24時間無料で電話相談にのってもらえるところもあります。
時間やお金が気になる方でも一度気軽に探偵事務所に相談にのってもらってはどうでしょうか。

 

おすすめの探偵事務所一覧